ホテル日航アリビラ ご披露宴規約のご案内

Banquet

Language

Rules

ホテル日航アリビラ(以下「当ホテル」と称します。)では、ご宴会の契約及び宴会場のご利用に関しまして以下のとおり規約を定めております。
予めご了承くださいますようお願い申し上げます。

当ホテルにご宴会のご予約を正式に賜ります際には、ご宴会申込書をご記入いただきますとともに、お申込金として10万円をお預かり申し上げます。お申込金の受領をもちまして契約が成約するものといたします。
なお、お申込金はご宴会代金のお支払いに充当させていただきます。

ご宴会などの内容が決定次第お見積書(最終)を作成いたしますので、原則として開催日の当日までにお見積書(最終)の全額から既にお支払いの金額を除いた金額をお支払くださいますようお願い申し上げます。

宴会場のご利用時間は、開始から終了まで、予め当ホテル担当係員とお打合せいただいた時間内といたします。これを超過した場合は、超過時間に応じて所定の追加料を申し受けます。
ただし、次の宴会使用時間との関連でご利用時間の超過に応じられない場合もございますのであらかじめご了承ください。

お料理などをご用意する人数(以下、「有料人数」と称します。)をご宴会開催日2日前までに確定をお願いいたします。その後は人数が減少した場合であっても、有料人数分の料金を頂戴いたします。

お客様のご都合により、当ホテルに通知の上、ご宴会を取消または期日変更される場合には、下記のとおり取消料または変更料を頂戴いたします。

お申込日からご宴会当日の31日前までの取消料 実費諸費用とお申込金全額
ご宴会当日の30日前から16日前までの取消料 見積金額の20%と実費諸費用とお申込金全額
ご宴会当日の15日前から8日前までの取消料 見積金額の30%と実費諸費用とお申込金全額
ご宴会当日の15日前から8日前までの取消料 見積金額の50%と実費諸費用とお申込金全額
ご宴会2日以内の取消料及び変更料 見積金額の100%と実費諸費用とお申込金全額
  1. 見積金額については、料理・飲物の料金×お申し込み人数とし、料理、飲物が未定の場合は5,250円を基準とさせていただきます。
    なお、会議にてご予約の場合は室料1時間31,500円を基準とさせていただきます。
  2. 天災地変による交通機関の運休の場合、これをお客様の不可抗力とみなし、別日程を設定の上ご予約いただけます。
  3. 「実費諸費用」とは、すでに手配済みあるいは作成済みの商品をいいます。
  4. 期日変更料は上記の取消料に準じます。
  5. ご宴会の取消しでなくても、既に手配済みの出演者(司会、演奏者、レセプタント等)の手配取消しの場合も、上記取消料に準じます。

ご宴会に関する装飾、音響、照明、看板、奏楽、引出物、余興、レセプタントなどにつきましては、原則として当ホ テルより手配させていただきます。なお、お客様が手配物を直接持込される場合には、当ホテルに事前にご連絡を頂き、当ホテルの承諾後にご注文くださいま すようお願い申し上げます。また、エレクトリックギター、トランペット、高音、騒音を発し、他のお客様のご迷惑となるような楽器、機器などのご使用はご 遠慮いただく場合もございます。また当ホテルが適当でないと判断した場合、持込をお断りすることもござい ます。ホテル側了解のもと、お客様が直接ご依頼された業者が行う装飾、余興などの機器および材料の搬入、搬出、設置場所、設置時間の設定などにつきまし ては、ホテル側が その業者の方々とご相談させていただきます。なお、これら直接手配については、ホテルの定める基準により持込料を申し受けます。 (立会い人件費などによる経費を含む)

お客様(お客様側の全ての関係者を含みます)およびお客様が直接ご依頼された業者の方々は、ホテルの施 設、什器備品等を破損したりしないよう十分ご注意ください。故意又は過失により、施設、什器備品などに損傷など損害が発生した場合は、損害賠償金をご請求 させていただきます。

当ホテルは次に掲げる場合において宴会場利用の契約締結、または既にご成約をいただいている宴会場利用契約を解除することがあります。

  • お客様を含む披露宴への出席者が法令の規定、公序良俗に反する行為をする恐れがあると認められるとき、または同行為をしたと認められるとき。
  • 宴会場に関し、合理的な範囲を超える負担を求められたとき。
  • 当ホテルの他の利用者に著しい迷惑を及ぼす言動をした場合。
  • 当ホテルもしくはその従業員に対し、暴力的要求行為を行い、または合理的範囲を超える負担を要求した場合。
  • 暴力団の構成員もしくは暴力団関係企業、暴力団関係団体、その他反社会的勢力の関係者、またその親交者である人が含まれている場合。
  • 天災、官公庁の指示など不可抗力に起因する事由により宴会催行ができないとき。
  • 当ホテルが定める利用規則の禁止事項に従わないとき。
    なお、上記の場合におきましては、契約の解除に伴う損害賠償はいたしません。

次に掲げる各項目につきましては、禁止事項となっておりますので、ご遠慮くださいますようお願いいたします。

  • 犬(盲導、介助、聴導犬は除く)、猫、小鳥その他愛玩動物、家畜類などの持込。
  • 発火、または引火性の物品、および危険物の持込。
  • 悪臭を発する物品の持込。
  • 公序良俗に反する行為、賭博など風紀を乱す行為、および他のお客様の迷惑となるような言動。
  • 備品などの移動。
  • ご予約時の使用目的以外の利用。
  • その他法令で禁じられている行為。

当ホテルは、個人情報保護の重要性を認識し、個人情報の適切な保護に努めます。そのため、個人情報保護に関する個人情報保護プログラムを策定し維持するとともに持続的な改善に努めます。

  • 個人情報の収集と利用目的 個人情報の収集に際してはその収集目的を確認し、当ホテルの事業活動の範囲内で適法かつ公正な手段により行います。お客様からいただいた個人情報は、以下の場合に限り利用し、利用目的以外に利用することはありません。 ・当ホテル・グループホテルのご利用に関して、郵便、電話、電子メール、ファクシミリなどの手段によりお客様に連絡を取る行為 ・お客様に当ホテルが提供している商品やサービスに関して情報を提供する目的 ・当ホテル内部の業務推進の目的
  • 個人情報の共有(業務推進上必要な第三者への提供) 当ホテルでは、ご宴会の準備、業務推進を円滑に行うために、特定の取引先と個人データを共同で利用することがあります。
提供される個人データの項目 ご婚礼申込書にご記入いただいた個人情報の全てまたは一部(本人または家族の住所、氏名、電話番号、勤務先など)。
提供方法 個人情報が記載された書面のコピー(紙媒体)の手渡し、郵送、ファックスおよびホテル内ネットワークを経由した提供。
本人の求めに応じて個人データの
第三者提供を停止する手続き(オプトアウト)
ホテルは、本人から個人データの第三者提供を停止することを求められた場合には、ただちに第三者提供を停止します。

個人情報の正確性および安全性を確保するために、技術面および組織面において安全策を講じ、個人情報への不正アクセス、紛失、破壊、改ざん、漏えいなどの第三者にお客様の個人データを開示することはいたしません。

当ホテルは、個人情報保護に関する法令およびその他の規範を遵守します。

何らかの事由から、ホテル側の原因でご宴会を中止せざるを得ないとホテル側が判断した場合には、既にお支払いただいた金額を返却いたします。

本規約に定めのない事項は、法令または一般的に確立された慣習に従うものとさせていただきます。
規約事項は、ホテルの都合で予告なしに変更する場合がございますのでご了承ください。

HOME