ホテル日航アリビラ ニュース&トピックスをご案内

News & Topics

Language

2017.09.06

スペシャル

~ありのままに 自然のままに~ “ニライビーチの魅力”

“ ニライビーチの魅力 ”

表情豊かなニライビーチは自然の発見と感動の宝庫

ホテルの目の前に広がるビーチは「ニライビーチ」といいます。県内でも有数の透明度を誇り、沖縄の特徴的な遠浅の海を体感することができます。1日に2回繰り返される潮の満ち引きにより、さまざまな海の表情がご覧いただけるだけでなく、その時々の海で過ごす時間をより楽しませてくれます。海水浴、シュノーケル、砂遊び、磯歩き・・・。干潮と満潮の差が多い時は2メートルにもなり、満ちているときには見ることができない生き物が干潮のときに出会えたり、逆に満潮のときだけに見られる生物も数多くいます。それぞれの生き物は、潮の満ち引きのリズムにあわせて生活をしているのです。

海の生き物が幸せに暮らす安息の地

これだけ海の生き物が多く暮らしているビーチは県内でも数少なく、その理由は、「自然をそのままに、海岸(珊瑚礁岩)を堀削していないビーチ」だからです。ゴツゴツとして、海水浴には不便なところもありますが、自然との共存の中で、海の生き物が幸せに暮らせる環境を守ることはとても大切なことです。その中から学ぶこと、楽しむこと、様々なことを知ることができるのがニライビーチなのです。

大人から子どもまで、だれもが夢中になれるリーフ探索

潮が引いたとき、リーフ(サンゴ礁)に行くと驚くほどたくさんの生き物に出会えます。カクレクマノミやルリスズメダイ、魚以外にもナマコやウニ、ヒトデやシャコなど、ニライビーチには数え切れないほどの生き物が暮らしているのです。シュノーケルがまだできない小さなお子さまでも潮の引いたビーチなら、自然の生き物を間近で見られ、一緒に感動を分かち合うことができるのです。もちろん、その時々で見られる生き物は違いますが、それもまた楽しみの一つです。今日はどんな生き物に出会えるのでしょうか。

リーフトレイル 事前の画像等によるオリエンテーションから、実際にリーフ(礁池)を歩きながら、ニライビーチの自然環境をガイドと一緒に観て触って楽しく学べます。
■開催期間 2017年4月~10月
■所要時間 1時間30分
■料金 大人/3,110円 3歳~小学生/2,600円
カヤックシュノ-ケル 自然を身近に感じながら、のんびりとマリンスポーツ。透明度の高い読谷の海をカヤック&シュノ-ケリングで散策します。
■開催期間 2017年4月~6月、9月~11月
■所要時間 1時間30分
■料金 5,000円
スタンドアップパドルボード マリンスポーツの一つスタンドアップパドルボード。初心者でも十分に楽しめるスポーツです。
■開催期間 2017年4月1日~9月30日 ※前日までの予約制となります。
■所要時間 40~60分
■料金
【SUP体験レギュラーコース40分】 宿泊者 3,090円(1名)
宿泊以外 3,630円(1名)
対象/小学生以上
【SUP体験ロングコース60分】 宿泊者 5,140円(1名)
宿泊以外 5,680円(1名)
対象/小学生以上
県内でも数少ない星砂が見られるホテルの砂浜

サンゴ礁の島、沖縄。サンゴや貝殻、海の生き物の骨などが細かく砕けたものが波によって集められることでビーチは白い砂浜となります。岬付近の目の粗い砂をひと握りすると、小さな貝殻やウニの針、サンゴの欠片や星砂などを見ることができます。砂浜をゆっくりと散策するだけでも自然の発見がいっぱいあるのです。

ウミガメが帰る浜

ニライビーチでは2011年、2012年、2015年にウミガメの自然ふ化が確認されました。ウミガメの赤ちゃんが無事にふ化しアリビラのビーチを巣立っていく姿はとても感動的です。
アリビラではウミガメが安心して帰ってきてもらえるように、開発段階、および1994年の開業以来、環境保護に関して段階的に取り組んでいます(※1)。
沖縄の豊かな自然と環境を将来の世代に引き継ぐために、ホテルを訪れるお客さまがいつの日もこの豊かな自然に触れ、自然の素晴らしさを感じていただけることを目指しています。

(※1)定期的なビーチクリーンや雑排水を海へ一滴も流さないための注水システムの導入、ウミガメや海の生き物に配慮し、日暮れ以降、ニライビーチへのサーチライト点灯を中止するなどニライビーチの保全に取り組んでおります。

HOME